持病があっても保険に加入できる

注射器

これから保険に加入を考えている人や、今加入している保険を見直す時に、持病を持っている人は加入することができるのか不安だという人も沢山います。
今までは、持病があった場合には検討すらあきらめていた人も多いはずです。
最近では、持病を持っている人でも一定の条件さえクリア出来たら加入できる保険が各社から販売されています。

加入できる基準は各社で違いがあります。引受基準緩和型、告知限定型、無選択型、無告知型などと呼ばれてる保険を言います。
医療、生命、終身、がん保険など種類はさまざまです。
また、特定疾病不担保型と言って持病以外の病気で入院や手術が必要になった時に保障してくれるというものもあります。
健康な人よりも掛け金は高額になりますが、病気の時に掛る医療費を考えるとそれほどでもありませんし、病気になることを考えた時の安心感が違います。

持病というのは、いつまでたってもなかなか治らない病気のことを言います。たとえば、糖尿病、高血圧、ぜんそく、慢性肝炎など治療するほどでもないが、完治しない一生付き合っていかなければならない病気です。
以前の保険では、持病があったり、以前がんになって再発していない場合など保険料がかなり高額になるか、加入を断られてしまうと言った場合がありました。
でも、最近の保険会社では持病があっても、告知をきちんとして審査さえ通れば何も問題なく加入することができます。
もちろん、持病が悪化して入院したり手術した時にも給付を受けることができますので、持病を持っている人には安心できる保障と言えます。
このように、条件が緩和されて沢山の人が加入できるようになりました。
自分に合った条件で、自分の収入に見合ったものに加入して、病気に対して安心を手に入れることができます。
また、各社のセールスレディーや営業所にわざわざ足を運ばなくても、インターネットサイトや店舗でいろんな企業の保険を扱う会社で検討することができます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031